大きくする 標準 小さくする

公式戦 試合結果

KU 龍谷大学
4 3 前半 1 1
1 後半 0
 
日時 2015/08/16
開始時間 10:30
試合会場 武庫川女子大学

得点者
前半
#89竹中(るき)
#66藤井(しほ)
#70阿部(べべ)
後半
#4山田(ふう)

<ゲームレポート>
スターティングメンバーは
G#39中村
DF#3徳山 #37小西 #89竹中
MF#17中村 #59今岡 #66藤井 #4山田 #15齋藤
AT#70阿部 #2植田 #34泉川
です。

#66藤井と龍谷#11によるドローから試合開始です。ドローはDB混戦となり、とったのは#17中村。ボールを順調に回し、#66藤井が左上から1on1を仕掛け、#89竹中のマッチアップのDFが#66藤井に入ったところで#66藤井→#89竹中へパスが出てそのまま#89竹中のシュートが決まります。前半開始58秒、スコア1-0です。次のドローは相手ファールにより#34泉川からのスタート。ミスにより相手にボールを奪われますが関大の果敢なDFにより相手ボールをアウトオブバウンズさせ再度関大ボールとなります。そのまま関大OFが続きます。相手ファールにより与えられた#70阿部のFSは相手ゴーリーセーブにより決まりません。その後も#2植田や#4山田がシュートを打つも相手の守備に阻まれます。果敢な攻めが続いていた関大ですが、#66藤井のFSがゴーリーセーブされ、そのまま相手のOFとなります。ボールを取り返そうと懸命にBMにプレッシャーを与えますが少しの隙を突かれ相手#4に中でボールを持たれ、プレッシャーをかけるにも上手くかわされてしまい失点してしまいます。次のドローは一度相手に取られるも関大のプレッシャーによりDBさせそのまま関大OFとなります。上手くパスを回し、フリーとなった#15齋藤がシュートを打つも惜しくもインクリ。その後は相手と関大のターンオーバーが繰り返され、ウォーターブレイクタイムアウトをはさみ#2植田からのスタート。#2植田から中盤で#66藤井がパスをもらい、そのまま1on1をしかけシュートを決めます。スコア2-1です。次のドローは相手に取られてしまいます。前線でボールを奪おうとライドをかけにいきますが、逆サイドへ展開されボールを繋がれてしまいそのまま関大DFです。相手#4の枠外のシュートのチェイスを#89竹中が取り関大からのスタート。パスを回し、#66藤井が縦に走っている#4山田へのパスが逸れ、相手のゴーリーに一度ボールを取られますが、パスミスとなりそのボールを#70阿部が確実にゲットしそのまま1on1で3点目のシュートを決めます。龍谷のタイムアウト明け、次のドローは混戦となり相手に取られます。その後お互いミスが続き、ターンオーバーを繰り返します。関大DFはボールを奪われても強気なDFで相手にシュートを打たせません。そして積極的にチェックを打ち、ボールを奪い返します。そしてそのまま前半終了しました。







後半開始 ドローは変わって#20後藤と相手#11となります。最初のドローは関大がgetし、早いパス回しで相手をずらして行きますがパスミスによりアウトオブバウンズで相手ボールとなります。相手にパスをつながれてゴール裏までボールを運ばれます。そこで#7徳梅と#37小西がダブルを組みますが、相手にかわされ裏1on1でシュートを打たれますがG#39中村のセーブが光りそのままチェイスもgetします。クリアを繋ぎ関大のOFです。#20後藤と#4山田がFSを打つも決まりません。リバウンドを相手にgetされますが、お互いミスがありターンオーバーが繰り返されます。相手のパスミスを#59今岡がゲットしクリアを繋いで#4山田が4点目のシュートを決めました。続いてのドローは変わらず#20後藤と相手#11ですが、ドロー後の相手ファールにより#20後藤からリスタート。そして再度ターンオーバーを繰り返します。ボールを奪われ攻められた関大ですが、相手#10のシュートはインクリとなりG#39中村からのスタート。クリアを繋ぎ関大OFとなりますが#8坂本がFS、#70阿部がシュートを打つもゴーリーセーブとなり得点を得ることができません。逆サイドへボールを振られ、中盤を縦に早く繋がれるも相手のミスもあり簡単にはシュートを打たせません。相手#23にシュートを打たれるも枠外、そのチェイスを#89竹中が取り関大のクリアとなります。お互いミスが続き、苦しい状況が長時間続きます。関大DFはセットへ持ち込まれますが、粘り強いDFで相手のミスを誘いボールをgetしますが直後にミスがあり、ボールを奪い返されます。#59今岡が中盤にてイエローカードが提示され、関大はマンダウンの厳しい状況へとなります。しかし堅いDF、そしてG#39中村のナイスセーブによってボールを取り返します。その後のクリアは#66藤井がランで中盤まで繋ぎ、縦にいた#15齋藤へとボールがつながります。そのまま#15齋藤は1on1のシュートへと向かいますがゴーリーセーブによりターンオーバー。相手#1にランで走られますが#17中村のチェックによりボールゲット、そのまま関大OFとなります。相手のファールにより#75誉田のFSは惜しくもゴーリーセーブとなりターンオーバーとなります。マンダウンが解除され人数が揃った関大はシュートを打たれるものの、相手に得点を与えずボールを取り返します。取っては取り返されの苦しい状況が再度繰り返されましたが最後は関大がボールを奪い、ポゼッションを続けスコア4-1にて試合終了しました。